スポンサード リンク

水泳教室に通うにあたって

水泳教室は、スイミングスクールとかスイミングクラブと呼称するところもあります。企業法人が運営する水泳教室が多いですが、個人運営の場合もあります。ほとんどは専用のプールで指導をするところが多いですが、水泳以外の一般スポーツクラブに併設されたプールや公営のプールを使って教室を運営するところもあります。標準的に25メートルプールが多いが、50メートルプールを備えた施設もあります。季節を問わず1年間を通して営業する水泳教室は屋内にあり水温調節しています。

 

水泳教室で学ぶ会員は若年層が多いですが、乳幼児や小学生を対象にしたクラスや中学高校生対象のクラス、また近年では成年老人層を対象にしたクラスもあります。年齢や個々の目的に応じてクラス分けされており、クラスごとにコーチがその目的に応じた適切な指導を行います。水泳コーチとなるには法律的な制限はないが、日本体育協会の認定資格である「水泳教師」「水泳上級教師」に合格するか、日本スイミングクラブの「水泳インストラクター」資格を取得するよう推奨されています。資格が無くとも事故発生時の対応ができるよう救急法の講習を受けた者が指導すべきでしょう。

 

乳幼児や小学生のクラスでは水に慣れる事を目的としている場合が多いです。水深の浅いプールで顔を水に浸けたり、水中に潜ったり、ビート板を使ってバタ足で短い距離を泳ぐなどの訓練です。水に慣れればクロールや平泳ぎなどで泳げる距離を伸ばしていきます。学校の水泳時間に泳げない小学生が克服に来るケースもあり、学習塾、英語塾、ピアノ塾などに並んで水泳教室も人気の習い事の一つです。

 

中学高校生が対象のクラスでは、競泳選手育成を目的とする場合が多いです。様々な大会に出場し、オリンピックを目指すような選手の訓練の場となっています。優秀な選手の場合は費用をスイミングスクール側が負担する場合もあります。オリンピック出場の選手を排出すれば大きな宣伝効果となります。成人年齢以降では健康増進や体力作りやダイエットを目的として通う会員も多く、健康によい事やダイエットに効果がある事は証明されています。